タジ源

以前の記事ウッドデッキに最適な材料は?で書きましたが、娘夫婦からの依頼でウッドデッキを製作する事になりました。

ウッドデッキの製作は初めてなので材料の選定に悩んでしまいます。
コストを考えなくて良いのであれば、全てウリンやイペなどのハードウッドで製作すれば良いので迷うことはないのですが・・・

また、最近では人工木材というのが出ていてこれであれば、腐食することは無いし定期的な塗り替えも不要なので楽ですね。
でも、やはり手触りは天然木材とは違います。
孫にはやはり天然木材を使ったウッドデッキを作ってあげたいと思っているジジであります。

現在考えているのはアマゾンジャラかウリン、イタウバです。
イペはウリンよりも値段が高いので候補から外しました。

また、価格を抑えるために違う木材の組み合わせも考えています。
例えば、ウッドデッキの土台となる束柱、根太、幕板などはアマゾンジャラなどのハードウッドで制作し、デッキの床板はウエスタンレッドシダー(WRC)やSPF ACQ(高耐久防腐注入材)を使用する方法もあります。

床材は何年か経った後でも再塗装がしやすいですし、もし傷みがひどい場合は部分的に交換することも可能だからです。

ちなみに現在設計中のウッドデッキは幅が約2m、長さが約3mです。

次回はウッドデッキ用木材は通販で買った方が良いかホームセンターで買った方が良いかを検討してみたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

ポチッとクリックしていただくと励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村