DIY初心者のジグソーの選び方

ジグソーは手軽で便利な電動工具です。

でも私が木材の切断で使用する工具はもっぱらノコギリです。
理由は手軽であることと音が静かであるためです。

しかし、たまにジグソーを使用するときがあります。
それは、曲線をカットする時です。

下の写真が私が使用しているジグソー リョービの J-6500V です。

付けてある刃は「木工円切り用」なので、通常のジグソーの刃に比べて幅が狭いです。
刃の幅が広いときついカーブを曲がりきれないからです。

ジグソーにもコード式と充電式がありますが、わたしのおすすめはコード式です。
ジグソーは頻繁に使うものではないので、使いたいときに100%のパワーで使用できるコード式がおすすめです。
もっとも毎回のようにジグソーを使うとか、コンセントが無いような場所で使う場合は充電タイプのジグソーの方が有利です。

下の写真は先日ままごとキッチンのサイドパネルの下側をカットした時のものです。

これはまだ直線部分が多いですが、以前の記事 木板をハート形にくり貫く方法 で紹介したハート形のくり貫きこそジグソーの出番です。

DIY初心者用ジグソーの選び方
価格的に1万円以下に抑えて選びました。
◆ まずおすすめはやはりこれ私が使っているRYOBIのJ-6500Vです。
切断能力は木材 65mm、軟鋼板 6mm
機能的に十分なスペックで、使いやすいです。

◆ 日立工機のジグソー FCJ65V3
切断能力は木材 65mm 軟鋼材 6mm 最小切断半径 25mm
日立工機のジグソーのDIY用モデルで、お値段もお手頃です。

◆ RYOBIのDIY用ジグソーMJ-50A
切断能力は木材 50mm  軟鋼板 3mm
価格は五千円台とお手頃です。
初めに紹介したJ-6500Vと比べて切断能力などが落ちますが、その分値段は安いです。
しかし、たまに使うだけで合板などをメインでカットするには十分です。

他にもジグソーを探したい方はこちらからどうぞ
amazonで探す → ジグソー

楽天で探す → ジグソー

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村