軽トラ荷台用ゴムマット

軽トラック用荷台マットの選び方

ハイゼットを購入して5年ほど経つのですが、この度初めて荷台にゴムマットを敷いてみました。

軽トラック用マットの選び方

軽トラック荷台用マットの目的

軽トラに限らずトラックの荷台にマットを敷く目的は2つあると思います。
目的その1
荷台面を傷や汚れから保護する。

目的その2
荷台に載せた荷物などが滑らないようにする又は滑りやすくする
これは使う人や用途によって全く逆の目的になります。

軽トラック荷台用マットの材料

材料によって特徴も異なりますので、目的に合ったマットを購入しましょう。

ゴムマット

ゴムマットは荷台面の保護も荷物の滑り防止も両方共満足する素材です。
また、ゴム製品なので丸洗いできて掃除や手入れが簡単です。
今回私が選んだのもゴムマットです → 軽トラ用 荷台ゴムマット 厚さ3mm

私がこのゴムマットを購入時に悩んだのがゴムマットの厚さです。
初めは5mmにしようと思ったのですが、購入者のレビューを読むと「5mm厚は荷台の保護という面では満足できるが、掃除などの時に重くて苦労する」とありました。
私の場合軽トラに乗せる荷物は、DIYで使う木材や町内清掃時の刈った草木などがメインです。
つまりそんなに重量のあるものを載せていないことにあらためて気づきました。

という訳で、ゴムマットの板厚は3mmに決定しました。
実際に買ったゴムマットの写真をこの後乗せています。

3mm厚のゴムマットを探す

コンパネ(合板)

私が軽トラを購入して初めに荷台保護のために乗せたのがこのコンパネです。
厚さは9mm以上は必要です。
これは荷台の保護にはなりますが、荷物のすべり止めにはなりません。
私が乗せたのはコンパネではなく合板でしたが、これを荷台に合うようにカットして敷きました。
もちろん、屋外用の白いペンキで塗装。

最初は安上がりで良いと思ったのですが、やはりペンキを塗っていても1年くらい経つと合板の端面部から水が入り込んでブカブカと浮いてくる場所が出てきました。
結局2年以上無理やり使いましたがぼろぼろになって廃却。
途中で再塗装すれば多少寿命が延びたかも知れませんが・・・。

樹脂製荷台マット

樹脂製のマットです。
値段は高めですが寿命は、ゴムマットやコンパネに比べて一番長いです。
コンパネ同様、荷台の保護にはなりますが、荷物のすべり止めにはなりません。
というか、逆に荷物が滑ってほしいユーザーに喜ばれるマットです。

例えばミカン農家さんなどがプラスチック製の収穫コンテナを載せて積み下ろしをするときなど、ゴムマットでは滑らず移動が大変ですが、この樹脂マットなら軽く押すだけでスーと動いてくれて楽です。

ハイゼットへゴムマットを装着

私の場合は荷物が滑らないようにしたかったのでゴムマットを選びました。

荷台を洗浄

ハイゼットの荷台にマットを乗せる前に荷台を洗浄します。
ゴミなどが荷台に残っているとマットに擦られて荷台の面がキズついてしまいますからね。
ハイゼット・トラック

洗浄後、もしキズなどがあった場合はタッチペンなどでキズをタッチアップしてサビるのを防止します。
その後、タッチアップが乾いてからワックスを塗りました。
ワックスは必須ではありませんが、ワックス掛けて置いた方が安心です。
自動車用補修ペイント
私のハイゼット・トラック用補修ペイント色です。
あなたのお車の色に合ったペイントも必ずあるはずです。

ハイゼットの荷台にゴムマットを敷く

さて、いよいよマット敷きです。
私が購入したゴムマットは厚さ3mmのゴムマットです。
軽トラ用 荷台ゴムマット 厚さ3mm
もし5mm厚を買ってたらちょっと一人で運ぶのは難しかったかも・・・
軽トラ荷台用ゴムマット
大きさは幅1400mm、長さ2010mmなのでハイゼットトラックの荷台にピッタリです。
用途欄にも書いてありますが、軽トラ荷台以外にも牛舎、鶏舎、ゴルフ場などの通路にも使われているようです。
軽トラ荷台用ゴムマット
このゴムマットは合成ゴム製なので弾力があり滑りにくく耐久性に優れているとうたわれています。
ゴムの臭いはしますが、天然ゴム製ほどゴム臭はキツク無いと思いました。
(その後1週間ほどで臭いは気にならなくなりました。)
軽トラ荷台用ゴムマット
いよいよゴムマットを敷いていきます。
軽トラ荷台用ゴムマット
おお~ピッタリですね。
前側は少し長めにしました。
軽トラ荷台用ゴムマット
全くカットせずに載せただけでゴムマット敷き完了です。
いや~楽ちん楽ちん!
軽トラ荷台用ゴムマット

軽トラ荷台マット まとめ

軽トラの荷台に敷くマットは荷台を保護する目的は共通ですが、
その他の特徴を知って自分の使う用途に応じて選びましょう。

1.ゴムマット・・・荷物の滑り防止の効果あり
 厚さについては個人的には3mmがおすすめ、5mmは荷台、荷物の保護という面では優れるが重いので掃除などの時に大変。

2.コンパネ(合板)・・・比較的安価であるが耐用年数は1〜2年と短い。
 厚さは9mm以上は必要。
 滑り防止の効果なし。

3.樹脂製マット・・・価格は比較的高めだが耐用年数は5年以上と長い。
 荷物が滑りやすく積み下ろしが楽。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

ポチッとクリックしていただくと励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村