トリマービット

Amazonで購入したトリマーのビットを返品しようとしたがキャンセルした件

Amazonで購入したトリマーのビットの軸径が自分のトリマーに合わなかったので、Amazonへ返品しようとしましたが、トリマーのコレットチャックを交換すれば使用できることが分かったので返品をキャンセル。このドタバタ劇を記事にしました。

トリマーのビットの軸径を間違えて注文

ビットの軸径には6mmと6.35mmがある

実は私タジ源はトリマーのビットの軸径に6.35mmが存在することを知りませんでした。
そのため、AmazonでR(アール)ビットを探していた時にこの4本セットをみて結構割安だな!と思い即注文しました。
サイトでは軸径はしっかり6.35mmと明記されていたのですが、その存在を知らない私は勝手に”6mm”と思い込んでしまったのです。
タジ源が使用しているトリマーはリョービのTRE-40なのでビットの軸径は6mmで、6.35mmは装着できません。
6.35mmは1/4インチで海外製のトリマーの規格です。
(1インチは25.4mmなのでその1/4で6.35mmです)
Amazonから届いたトリマーのビットの写真ががこちらです。

トリマービット
最初は間違いに気付いてなかったのでトリマーに装着しようとしたのですが入りません。
電動ドリルのチャックの様にチャックが開いてくれれば装着できるのですが、トリマのチャックは開きません。
たった0.35mm太いだけですが全然入りません。

そしてようやくビットの軸径が異なっていたことに気付いたのです・・・遅い!

こちらが購入したトリマービットです。

Amazonでにトリマービットの返品を申し込み

Amazonは自己都合でも返品を受け付けてくれる!

私は今まで知らなかったのですが、Amazonは自己都合の返品も受け付けてくれるのですね!
自分のミスなのでこういう自己都合の返品はできないと思っていましたがやってみたら簡単に返品手続きが完了しました。
配送料は自分の負担ですが商品代金は30日内であれば全額返金されます。
いや~Amazonさん太っ腹ですね。
因みに商品によっては自己都合の返品ができない物もあるようです。(雑誌、植物、食品など)

コレットチャックを交換すれば6.35mmのビットも使える事を知る

Amazonへ返品手続きを完了後にフッと思いついたことがありました。
それはアダプターのようなものを付ければ6.35mmのビットが使えるのではないかと思ったのです。
早速ググってみました。

ありました!

アダプターを付けるのではなく、コレットチャックを交換するという方法です。

いあや~Amazonへ返品依頼する前に調べるべきだった。
順番が逆でしょ という感じです。

Amazonへのトリマ-ビットの返品をキャンセル

コレットチャックを交換すればこのビットが使える事が分かったのでAmazonへの返品をキャンセルしたいのですがどうしたものでしょう。

Amazonで調べてみると・・
「期限内に返品されなければ返品がキャンセルとなるので特にキャンセルの連絡は不要との事」

しかし、ハッキリさせたいので返品のキャンセル方法をもう少し調べた所、ありました!
こちらのサイトに返品キャンセル方法が記載されていました
→ Amazonで返品をキャンセルする方法

6.35mmのコレットチャックを注文

無事に返品のキャンセルできたので、次は1/4インチ(6.35mm)用のコレットチャックをAmazonに注文しました。
金額は584円と安いのですが、この商品は「あわせ買い対象商品」なので、他の商品と合わせて合計金額が2,000円以上になるようにする必要があります。
そこで私は以前から欲しかったコーナークランプと合わせて2,000円以上にしました。

こちらが注文した6.35mm(1/4インチ)のコレットチャックです。

コレットチャックを6mmから6.35mm(1/4インチ)に交換

6.35mmのコレットチャックがAmazonから届きました。
リョービ(京セラ)純正商品です。
早速コレットチャックの交換です。

コレットチャックには割れ目が入っているのでペンチで軽くつまんだだけで外れました。
そして購入した6.35mmのコレットチャックを挿入します。
トリマービット

コレットチャック交換後に問題の6.35mm軸径のトリマビットを装着

おお~!無事に装着できました!

トリマービット

トリマービット

早速丸面ビットを使って製作中のベンチの脚の底をトリムしてみました。
まだ慣れていないので少し黒っぽくなっていますが、キレイにRが取られています。
丸面ビット

いや~

今回はとんだドタバタ劇でした。
最初にビット軸径を確認しなかったのがそもそも間違いの元なのですが、間違った後の対応が慌てすぎて失敗しました。
このビットが本当に使用できないのか調べてから返品を考えるべきでした。

しかし、今回の件でAmazonの返品方法や返品のキャンセル方法が分かったので、その点では良かったと思います。

まとめ

・トリマービットの軸径には6mmと6.35mmがある。
・トリマーのコレットチャックを交換することで6mmと6.35mmビットのどちらも使用できる。
・Amazonは自己都合でも返品できるものがある。(送料は自己負担)
・Amazonへの返品をキャンセルすることも可能。

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

ポチッとクリックしていただくと励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村