オーブンレンジ台

オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(オーブン台製作編)

以前の記事オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(受注編)の続きです。

作業は続けて行っていたのですが記事にするのが遅くなってしまいました。

背板と側板の製作

使用した材料は1×4材です。
側面と棚は1×4材を6枚、背板は7枚づつ使用して板接ぎしました。
今回はダボ接ぎとしました。
この棚はオーブントースターを載せるための棚です。
オーブンレンジ台

棚を載せるための棚受けを1×4から切り出して製作しました。
オーブンレンジ台

天板を作成

そして天板を載せました。
この天板の上にオーブンレンジを載せます。
オーブンレンジは重量があるので、30mmの厚さの杉板を使いました。
幅は105mmで、これを5枚ダボ接ぎで1枚にしました。
オーブンレンジ台

脚の補強

組み立てた後で天板を持ってみたのですが、少し横にグラつくようです。
1×4の脚ではちょっと剛性が足りないようなのでここで設計変更して、30x40mmの赤松材を脚の前側に追加することにしました。
これによりグラつきも結構改善できました。

また、下面には1×4から製作した板を履かせる事にしました。
ちょっとオシャレな感じになったと思いませんか?
オーブンレンジ台

そして再び天板を載せてみました。
補強が無い時は見た目にも何かぐらつきそうで弱そうに見えたのが改善されたと思いませんか?
オーブンレンジ台

ミルクペイントで塗装

そして塗装をするために一旦バラします。
まだ接着剤は付けてなかったのでネジを外すだけです。

養生

塗装をする前に組立時に接着剤で付ける面は塗らないように、マスキングテープで養生します。
オーブンレンジ台

塗装

今回使用する塗料はターナーのミルクペイントです。
使用するのは娘夫婦の家で小さい子供もいるので、塗料はできるだけ安全な物を選びました。
ミルクペイントはミルクカゼインから作られた安全な塗料なので、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使用できますよ。
ミルクペイント

今回はスノーホワイト色を使用しました。
理由は娘夫婦の家の内装が白色で統一されているからです。
白色はスノーホワイトの他にもミルキーホワイト色もあります。
少しクリームがかった色のようです。
オーブンレンジ台

背板もミルクペイントで塗りました。
塗装は全て2度塗りをしています。
天板だけはミルクペイントで塗らずにミツロウワックスのみで仕上げ、ツートンカラーにしようと思います。
オーブンレンジ台

今回はここまでです。
来週はこのオーブンレンジ台を組み立てた後に、その上に乗せる棚、更にはオーブントースター台の下に設置するキャスター付きの収納台の製作に入ります。

【前回の記事と続編はこちらです】

オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(受注編)
・オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(オーブン台製作編)・・今回の記事です
オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(オーブン台完成編)
オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(上棚の製作編1/2)
オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(上棚の製作編2/2)
オーブンレンジとオーブントースターも置ける棚の作成(台車製作編)

最後までお読みいただきましてありがとうございます!

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村